逆相分取LC-MSによるXNUMXつの市販品及び、処方薬のハイスループット精製

科学専用、あなた専用

計装:

puriFlash® 5.250
ex expression CMS® と組み合わせた、シンプルで高性能なLC / MSシステム
上層圏® StrategyTMカラムUS5C18HQ-150 / 300

作成者:

Advion Interchim Scientific、モンリュソン、フランス本社

 

序言

精製は医薬品開発における重要なステップです。 研究からスケールアップ、プロセスに至るまで、精製と確認は医薬品を市場に出すための重要なステップです。 精製された化合物の十分な量と再現性のある品質を提供するハイスループットソリューションが不可欠です。 医薬品有効成分(API)とその不純物の分離は、分取クロマトグラフィーシステムを使用して簡単に行うことができます。

このアプリケーションノートでは、カフェイン、グラフェニン、ケトプロフェン、フラボン、フェノフィブラートなどの市販薬(OTC)に含まれる1つの有効成分を、コンパクトな質量分析計を使用した確認付きの分取精製ワークフローで精製します。

図1: 対象となるXNUMXつの化合物には、カフェイン、グラフェニン、ケトプロフェン、フラボン、およびフェノフィブラートが含まれます。 化学構造と医薬品の使用例を以下に示します。

カフェイン: 刺激効果のある天然化学物質であるカフェインは、錠剤の形で精製されているか、コーヒー、お茶、カカオなどに天然に含まれています。

グラフェニン: 非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)であるグラフェニンは、アナフィラキシーのリスクが高いため、1991年に市場から削除されました。

ケトプロフェン: 処方箋に基づく非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)であるケトプロフェンは、治療に使用されます 炎症、腫れ、こわばり、関節痛。 心臓発作、脳卒中、炎症などの問題のリスクが高まったため、この薬は1995年に中止されました。

フラボン: 植物に一般的に存在する代謝物と殺線虫剤。

フェノフィブラート: 血中の高コレステロールおよびトリグリセリド(脂肪様物質)レベルを低減および治療するために使用される処方薬。

実験

探索的LC分離

図2: 事前に同定された化合物の存在を確認するために、探索的LC-UV分析により、精製前に薬物化合物の存在が確認されました。

分取LCラン

対象となるXNUMXつの化合物とそれらの溶出ポイントのポジティブIDに続いて、薬物混合物はpuriFlashでの分取LC-UV分析の準備が整いました。® 5.250iELSD。 精製はiELSDパックによって支援され、発色団を含まない化合物の検出を可能にします(図3)。

結果と検証

分離と精製の結果

分離された化合物の同一性は、Advion Interchim Scientificexを使用して確認されました。 expression CMS® コンパクトな質量分析計。目的の化合物をすばやく正確に識別します。

これらの化合物の純度は、分析スケールのHPLCを使用して確認できます。