TriVersa NanoMate®

ナノエレクトロスプレーイオン化技術
科学専用、あなた専用

ナノエレクトロスプレーイオン化技術

TriVersa NanoMate®

TriVersa NanoMate LESA® Advionの最新のチップベースのエレクトロスプレーイオン化技術です。 液体クロマトグラフィー、質量分析、チップベース注入、フラクションコレクション、および直接表面分析の利点を1つの統合イオン源プラットフォームに統合します。

LC / MS単体よりも複雑なサンプルからより多くの情報を取得

TriVersa NanoMate® と統合します:

  • Advion ESIチップ®
  • 注入による再分析のためのフラクションコレクションを備えたLC / MS
  • 液体抽出表面分析(LESA® およびLESAさらに)

Advion ESIチップ®

ESIチップ® 小型化により質量分析の力を解き放ちます。 このマイクロフルイディクスチップには、シリコンウェーハにエッチングされた400個のナノエレクトロスプレーノズルのアレイが含まれています。 製造方法は再現性が高く、各ノズルの完全性と同等の性能を保証します。 ナノエレクトロスプレーノズルによって生成された電界により、非常に効率的なイオン化と、μLのサンプル量からの長期にわたる安定したスプレーが実現します。

    • ESIチップは、2.5 µm〜5.5 µm IDの3つの異なるノズルエミッタサイズで利用可能です。
    • pL範囲の内部チップボイドボリュームにより、15 µLのサンプルのみから3の最小スプレー時間を実現
    • 自動サンプル処理により、96、384、または1536ウェルプレートのサンプルからスプレーを送達できます。
    • シリコンチップ設計により、優れた電界強度とイオン化効率を実現
    • 内部対向電極により、スプレーの検知と回復機能が可能

チップベースの直接注入および注入による再分析によるLC / MSフラクションコレクション

TriVersa NanoMate® は、ショットガンリピドミクスや非共有相互作用研究(NCI)からタンパク質の特性評価に至るまでのアプリケーションで、小規模または大規模な分析物のハイスループット注入実験を可能にする唯一の自動イオン源プラットフォームです。

TriVersa NanoMate® LC / MSアプリケーション用のナノESIイオン源として動作するように開発されました。 過剰なLC溶出液は、LC / MS実験の物理的ストレージを作成するための追加のフラクション収集に利用でき、オンラインLC / MS実行で特定された対象フラクションの再分析を可能にします。

液体抽出表面分析(LESA® およびLESAさらに)

LESAは、オークリッジ国立研究所のGary vanBerkel博士と共同で開発されました。 懸濁液(液間電位差)に保持された液滴を介したその独自の表面抽出により、関心のある生物学的および技術的表面の空間分解分析のための新しいアプローチが可能になります。

  • 高速でシンプルな直接分析
  • 1 mm空間解像度(LESA); 400 µm解像度(LESAさらに)
  • 液体抽出およびnESIベースの分析
  • nESIイオン化と1 µLの溶媒のみへの検体抽出による高感度
  • オプションのnLC分離(LESAさらに)

動画

導入事例

注目のアプリケーションノート

注目の製品ノート