アプリケーションノート

UHPLC / CMSによるアップル関連製品のパツリンの分析

 
UHPLC / CMSによるアップル関連製品のパツリンの分析

パツリンは、食品や動物の飼料、特にリンゴ製品の一般的な汚染物質であるマイコトキシンです。 ヒトに対するパツリンの潜在的な健康リスクは、食品における行動レベルの確立につながりました。

EU、WHO、および米国FDAは、フルーツジュースのパツリンの最大レベルを定義しました。 EUには、リンゴのコンポートなど、乳幼児用の固形リンゴ製品や食品に関する特定の規制もあります。

このアプリケーションノートでは、Advion AVANT UHPLCおよびExpression Compact Mass Spectrometer(CMS)システムを使用した簡単なUHPLC / CMSメソッドを紹介し、リンゴジュースおよびリンゴコンポート中のパツリンを分析します。

このアプリケーションノートで紹介した調査は、ASMS 2020 Rebootのポスタープレゼンテーションでした。