ポスター

原子と分子の組み合わせ(CAM)イオン化:液体サンプリングの多様性–コンパクト質量分析計での大気圧グロー放電(LS-APGD)

 

質量分析技術は通常、原子と分子の1つの異なる分野に分けられます。 液体サンプリング–大気圧グロー放電(LS-APGD)は、原子分子(CAM)分析を組み合わせた多用途のイオン化源として開発されました。 これまで、LS-APGDは、U同位体比分析と、さまざまな機器プラットフォームにわたる分子分析で印象的な結果を示しています。3-XNUMXこのソースで分子サンプリングが実証されていますが、これらのサンプルはESIの領域に分類されます。 -タイプのサンプル、より大きな極性化合物、最も一般的にはLC関連の創薬ターゲット。 ここでは、Advionexを使用したCAMイオン化ソースとしてのLS-APGDの幅広い汎用性のデモンストレーションを紹介します。pressionイオン コンパクト質量分析計(CMS)。

著者: タイラー・ウィリアムズ1、ジェイコブ・R・ビルズ1、ジェイミー・ジョーンズ2、およびR.ケネスマーカス1
1クレムソン大学、化学部、クレムソン、SC 29634
2Advion Inc、イサカ、ニューヨーク14850

このポスターはASMS 2020 Rebootで発表されました。