出版

ウメノキゴケ科の地衣類共生菌における二次化合物の無菌培養と生合成

 

レイファンカルロス大学、マドリッドコンプルテンセ大学、レンヌ大学

抽象

地衣類は、生物活性化合物としての可能性が高い独自の二次代謝産物を生成します。 多くの場合、これらの分子の使用は、葉状体におけるこれらの化合物の低濃度、培養における低い増殖速度、および葉状体と非共生培養の間の化学的パターンの変化によって制限されます。 さらに、産業的に関心のあるいくつかの種の大規模な収集は、地衣類の多様性と関連する環境に損害を与える可能性があります。 XNUMXつの苔癬化した真菌(ウスギワゴケ, パルメリアサクサティリス, Parmelina tiliacea、Platismatia glauca, Xanthoparmelia tinctina、 > サルオガセ)培養条件をテストし、さらなる研究のために十分なバイオマスを得るために、生物工学的に関心があり、ウメノキゴケ科に属するものが培養されています。 さらに、無菌状態で合成された化合物を分析し、完​​全な葉状体で同定された化学症候群と比較しました。 Arctoparmelia centrifuga、P。saxatilis, P.ティリアセア > X.ティンクティナ のために成功裏に栽培されました P.グラウカ > U.ガッテンシス 胞子の胞子形成と発芽のみが得られました。 培地に分泌される化合物の化学的パターンは、葉状体全体の化学症候群とは大きく異なりました。 薬理学的および産業的に関心のあるフェノール化合物(ウスニン酸、アスピシリン、α-アレクトロン酸、フィソジン酸、ロバリン酸およびノルジバリカチン酸)および多種多様な潜在的に生物活性のある化合物が培養プロセス中に得られた。

分析は、Advion Interchim Scientific を使用した LC/MS によって実行されました。® ex expression CMS® コンパクト質量分析計(CMS)。