出版

ポリマー欠陥工学–正確なチオフェンをドープしたポリエチレンからの導電性2D有機プレートレット

 

著者:マックスプランクポリマー研究所、ドイツ; オランダ、トゥエンテ大学

抽象

鎖内チオフェン基を持つポリエチレンに基づいて、誘電体コアと導電性表面を備えた2D導電性ナノ構造を作成する簡単な方法を開発しました。 一般に、チオフェンベースのポリマーは優れた導電性を示しますが、加工性は劣ります。 ここでは、ラメラ構造の自己組織化のプラットフォームとして、正確に分布したチオフェン基を持つポリエチレン鎖の結晶化を使用します。 結晶化中に、チオフェン基は結晶表面に放出されます。 その後の3,4-エチレンジオキシチオフェン(EDOT)分子との共重合により、最終的に導電性表面を持つ2Dプレートレットが生成されます。 表面の電気的特性は、導電率測定によって示されます。 ポリマーの分子構造を考えると、導電層は、重合したチオフェンのXNUMXつの単原子層のみで構成されていると想定できます。 したがって、わずか数ステップでポリマー表面に極薄の導電性表面を作成する新しい方法を示します。 したがって、ここで紹介する方法は、マイクロエレクトロニクスアプリケーション向けの複雑なナノスケールの電子構造を生成するための幅広い可能性を開きます。

マススペクトル分析は、Advion ASAP Atmospheric Solids AnalysisProbeおよびexを使用してASAP / CMSによって取得されました。pressionイオン コンパクト質量分析計(CMS)