AdvionInterchimScientificSOLATION®ICP-MSの紹介

科学専用、あなた専用

序言

SOLATION® 誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)は、典型的なICP-MSワークフローを内外で簡素化および最適化することにより、微量の多元素分析の力を手に入れます。 このシステムは、環境、臨床、生物医学、食品、農業、および地質学のアプリケーションに理想的な、高性能の多元素分析を提供します。   

SOLATION® は、アナライザーと検出器をクリーンに保ち、ニュートラルと粒子がアナライザーに入るのを防ぐことでS / Nを向上させる、最先端の四重極デフレクターを提供します。 このシステムは、アルゴン消費量を抑えるようにも設計されています。 

主要なシステムインフラストラクチャには次のものが含まれます。

  • イオン抽出コーン:トリプルコーンイオン抽出とそれに続くアインゼルレンズ。電気的に制御され、真空システムへのイオンの透過を最大化します。 
  • RFコイル:業界標準の27 MHz可変周波数ジェネレーターを使用した水冷RFコイルによるプラズマ生成により、高速インピーダンス整合と困難なマトリックスによる究極のパフォーマンスを実現します。 
  • トーチ:アルゴンとイグナイターを高速でワンステップで接続できる、取り外し可能なワンピースのトーチ。 二次放電を防ぐためのオプションのシールド。 
  • ネブライザー:ガラスまたは石英で利用可能な高効率の同心ネブライザーで、幅広い流量とサンプル組成に対応します。 
  • スプレーチャンバー:オプションの温度制御を備えたサイクロンスプレーチャンバーは、液滴サイズと溶媒負荷をさらに減らし、安定した効率的なプラズマを確保します。 
  • Peristalticポンプ:最大の柔軟性と超低脈動のための統合された4チャンネル、12ローラーポンプ。 1μL/分から> 1mL /分までのソフトウェア制御流量。 
  • ゲートバルブ:真空の完全性を維持しながら、コーンの迅速かつ簡単なメンテナンスと交換を可能にします。 
  • 90°四重極デフレクター:アナライザーと検出器がプラズマビームと一致していないことを確認し、中性物質と粒子がアナライザーに入るのを防ぎ、S / Nを改善し、汚染を防ぎます。 
  • 八重極衝突セル:イオンガイドおよびHeガスとの衝突セルとして機能し、干渉を除去するための運動エネルギー識別(KED)を提供します。 
  • 四重極アナライザー:最高の安定性を備えた高周波マスフィルター設計により、透過率、分解能、およびアバンダンス感度を同時に最大化します。 
  • デュアル機能検出器:アナログとパルスの両方の検出モードで測定し、9つの間をシームレスに伝送して、XNUMX桁を超える線形ダイナミックレンジでXNUMX回の分析で高レベルと低レベルを測定できるようにします。 
  • パルス検出: 20nsより短いパルスを生成するイオンを捕捉します。 100μs未満の最小滞留時間まで正確かつ線形 
  • アナログ検出: 検出器の寿命を延ばすためにパルス検出が非アクティブ化されている間、より高いイオン信号に使用されます。 
  • 質量依存ソフトウェア制御:特定の質量範囲を個別に最適化して、質量固有のチューニングの最適化を可能にするように設計されたソフトウェア。